恋がさくころ桜どき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに、「おとなの萌王Vol.3」買ってきた

お久しぶりです、3ヶ月ぶりです。
大学の卒論やら卒業やら色々ありまして、来週からは新社会人です。

VITAのPS Plusでフリープレイのゲームばかりやっていて、新しいゲームを買ったわけでもなく、漫画の方もぼちぼちで、イベントも特に行ってなかったのでなんとなく記事を書くタイミングを失っていました。


そんなこんなで近所のTSUTAYAで「おとなの萌王Vol.3」を買ってきました、やはりというか成年誌のコーナーにありました。

IMG_1204.jpg

表紙がkarory先生ということで、付録もkarory先生のマイクロファイバーミニタオル、イラストが台紙になった付箋が付録になっていてkarory先生特集の一冊となっています。ちなみにこのキャラクターはfengの最新作のやつみたいです。

しかし、本誌のボリュームが少なくなっています。これまでのおとなの萌王の背を比べてみれば一目瞭然です。

IMG_1211.jpg

Vol.1は付録なしで162ページ、880円。、
Vol.2は付箋、シール、クリアファイルで146ページ、1280円、
そして、今回のVol.3は付箋、ミニタオルで106ページ、1380円となっています。

大きな違いは、今まであった漫画が無くなっていたのでその分のページがごっそり減った感じですね。それでもマイクロファイバーミニタオルのクオリティがなかなか良かったので、付録を重点を置いた路線を変更した感じがしました。

内容の方は、今日画集が発売となったkarory先生の特集はもちろん、「ものべの」の画集が発売となりアペンド付き画集も発売となるLoseの特集など、おとなの萌王って画集情報誌だっけと思わせるようなラインナップでしたが、描き下ろしのコーナーではおっぱいおっぱいだったのでとても良かったです。

でも、本誌を持った感じがかなり薄くなっているので、少し残念な気持ちになるおとなの萌王Vol.3でした。




まあ、これから自由な時間がかなり減っていくと思いますが、その分自由なお金が増えると考えればいいものです。
コンサートやライブに参加するイベンターでもないですし、どちらかというと抱き枕カバーやタペストリーを収集したいコレクターなので、そっち方面で積極的に活動していきたいと思います。

ちなみに明日は「ALIA's CARNIVAL!」を購入予定です、ついに発売するのですね。今度はちゃんとレビューをしたいと思います。
スポンサーサイト

2013年を偏見で振り返る

一ヶ月ぶりの記事ですが、12月は卒業論文の進捗に追われていました。理系は辛いです。

もう冬コミなのですが、私は明日の3日目だけをいつも通りぼっち参加します。
今回の冬コミで欲しい艦これ物のグッズがあったのですが、今回の艦これバブルを見てるとかなり難しそうで悩んでいます。


2011年からブログをやり始めてもうすぐで4年目に突入するということで、毎年恒例の今年を振り返る記事を書きたいと思ったのですが、今年は前年の半分も記事書いてないですね・・・。来年は頑張れればいいなと思っています。


というのも今年の前半は地獄のような就活で死んでいました。
就活の序盤は夢と希望を持っていたのですが、5月ぐらいの希望業種の募集が全て終わってしまった辺りから絶望を目の当たりにするようになり、レイプ目になりながら生きる屍のように何十社も企業を回っていたのを覚えています。

実はその5月ぐらいに内定を頂いていたのですが、希望業種ではなく滑り止めだったし、他の企業も選考中だったのに就活を止めろと言われたので華麗に蹴り飛ばしました。

そんなこんなで就活を止めたのが9月ぐらい、最終的に3つ内定を頂きました。当初希望していた業種でも職種でもないのですが、大学での専攻を活かせるし、待遇も環境もかなり良さそうなところに巡り会えたので、しばらくはここで力を付けて後々でどうにかしてやりたいと思っています。何より就活はもうやりたくないです。



今年の後半はコミュ障すぎてコミュニティ作りに失敗したゼミでの合宿で、歯痛が辛すぎて鎮痛剤で我慢して過ごしたところ、帰宅して歯医者に行ったら神経がヤバイことになってたということがあったりしたんですが、何と言っても「妹スパイラル」の発売ですね。
しかもこのブログが4年目に突入する前に、初めてバナーキャンペーンが当選したのも妹スパイラルでした。この当選の余韻があるので最近はバナーキャンペーンに登録するのを控えていたのですが、そのうち復活させます。
妹スパイラルは就活でズタボロになった心を癒してくれました・・・。


あとはやはり「艦これ」ですかね。
今は大鳳が出なさすぎて資源が枯渇している状況なんですが、けっこうハマりましたね。
夏イベントで大和を手に入れることができたし、熊野をLv99にすることが出来ました。
冬コミも艦こればかりなのはいいのですが、熊野本をください。



そんな感じの2013年でしたが、辛かったという一言に尽きます。
来年も来年で辛いことは承知ですが、そんな時はエロゲをやって癒やされる2014年にしたいと思います。そういやHHGの新しいやつまだ開封してないや・・・。

明日参加する冬コミの戦利品もそのうちこのブログで紹介したいと思います。

『クリミナルガールズ INVITATION』のレビュー

待ちに待った『クリミナルガールズ INVITATION』を買いました。
予約特典のおしおきボイスCDとゲーム内のおしおきで使えるアイマスクが付いてます。

IMG_1068.jpg

さくっとプラチナトロフィーを入手できたのでレビューの方を書きたいと思いますが、若干のネタバレが含まれていますのでご了承ください。




今作はPSPで発売された『クリミナルガールズ』をVitaでリメイクし追加要素を加えたおしおきRPGです。

まずは戦闘ですが、キャラクターが行動を提案してくれるのでどれか一つを採用します、肝心な時に強い技や回復を提案してくれなかったりするのが普通なので戦略的にはなかなか難しいのですが、レベルを上げてHPや防御力を上げることでほぼ解決できるので詰むことは無いと思います。

2013-11-30-201404.jpg



クリミナルガールズのメインコンテンツといえばおしおきなのですが、Vita版になって大幅に変わりました。
キャラクターがLive2Dでぬるぬる動いたりビクッてなったりします。イラストもかなりぎりぎりでエロくなりましたねぇw

しかし、前作ではキャラクターのおしおきごとに一枚絵があってポーズがバラバラでしたが、今回はキャラクターでポーズは固定です、服装が違ったりおしおきごとで反応が微妙に違ったりしますが少々ボリュームダウン感が否めないです。

そして操作が前面と背面のタッチパネルになったのですが、どのおしおきもタッチしてスライドするだけなので作業的で正直つまらないです。まあエロいし、前作のおしおきイラストもゲーム内のCGギャラリーで見ることができるので、これはこれで別にいいですけどね。

2013-11-30-204759.jpg

他の追加要素として新シナリオと「ヒメカミ」「ミウ」のプレイアブルキャラクターの追加があります。

新シナリオに関しては追加プレイアブルキャラクターへの試練となるダンジョンがラストダンジョンとEXダンジョンの間に挿入されています、前作では語られなかった罪が判明します。なので前作にあったコマンドの看板が新シナリオのダンジョンに移動されていました。

追加プレイアブルキャラクターの2名は強さ的には正直微妙です。ヒメカミはHPが高いうえに魔法もこなせる剣士で、ボス級の技が使用できるのでかなり強いのですが、もう一人の方のミウがなんでもできる器用貧乏のせいで活躍する場面がなく、連携技がこの2人一緒じゃないと使えないという点でも運用が難しいです。

しかし、フィールドスキルが経験値1.5倍とお金1.5倍というバランスブレイカーなのでレベル上げ作業が捗ることまちがいなしです。



総評ですが、おしおきがパワーアップして新シナリオとキャラクターが追加されただけで9割は使い回しなので、わざわざVitaでリメイクする必要があったのか疑問に残る出来でした。クリミナルガールズが好きだったからこそこの程度の変化しか無かったのが残念です。40時間程度でプラチナトロフィーが取れてしまったり、EXダンジョン辺りもPSP版と何にも変わってないので、やりこみ要素や演出を追加して欲しかったですね・・・。

クリミナルガールズを初めてやる人はストーリー性で楽しめると思いますが、PSP版をやった人は改めてVita版でやる必要性ははっきり言って無いと思います。エロいのが見たいなら話は別ですが。



余談ですが、エロゲー大戦は結局参加していません。ゲームシステムが前々回のRPGだったので遠慮しました、一ヶ月も続ける自信がなかったので。

1年半ぶりにあの戦いが帰ってくる

あのエロゲー大戦が11月18日正午にスタートするみたいです。


いやー、また始まってしまうんですね・・・。

1年半前のエロゲー大戦2の時はNanaWind国に所属し、狂気のローグライクゲームを頑張った結果、無事に景品をいただくことができました。
今回のゲームシステムなどはまだ不明なのですが、大日本学園戦国記というMMOSLGがPeasSoftで製作されていたのでそれではないかと予想します。さすがに前回のローグライクや前々回のRPGじゃちょっと遠慮します。

参戦するメーカーは、

YuzuSoft
MOONSTONE
feng
ハイクオソフト
PeasSoft
SMEE

の6メーカーとなっています。
詳しくは何処も告知されていないのでわかりません、もしかしたらプレゼントがあるのかすら不明ですね・・・。
またYuzuSoftが大国になりすぎてバランスブレイカーになってしまうのか、ハイクオソフトの国王による鼓舞が再び起こるのか。とにかく情報が無いので何とも言えませんが、運営をちゃんとして欲しいですね。

私はまだ何処に所属するか決めていないのですが参加したいとは思います。
まあブラウザゲーとなるとどうしても艦これをメインでやっているので、長く続くかはプレゼント次第ですね。

ちなみに艦これの秋イベントはE4でダメコン切れて断念しましたw
大和型に関しては夏イベントで大和持ってるし、眼鏡っ娘があまりハマっていない私にとっては伊8と武蔵そこまでして欲しいとは思いませんでした。今はさらなる改造が可能になった衣笠さんや他の好きな艦娘の育成を全力でやっているのでとても満たされています。


エロゲー大戦はゲームシステムとしてはまあまあ期待しているのですが、どうなってしまうのですかね・・・。

妹スパイラルの色紙とレビュー

新型Vitaで前々からやりたかった『ディスガイア3 Return』の最強装備を最大強化するまでやりこんでました。
PSPの方で1と2をプレイしていましたが、やりこみゲーは携帯機に限りますね。
『クリミナルガールズ INVITATION』まで一ヶ月もあるので他のゲームもやりたいんですけど、Vitaって本当にゲーム無いですよね。


まかろんソフト様の『妹スパイラル』の応援バナーキャンペーンで当選したので、雛祭桃子先生の直筆描き下ろしイラスト色紙を頂きました!

IMG_1029.jpg

これで雛祭桃子先生の直筆描き下ろしイラスト色紙は萌王と画集ので3枚目という運命力なのですが、私のハンドルネームを書いてもらうのは初めてです。やはり一番好きな絵師さんのサイン色紙が手に入るのは感慨深いです。
しかも、初めて当たったバナーキャンペーンでしたので一生の宝物にしたいと思います。バナーキャンペーンって本当に当たるんですねw



ゲームの方もコンプリートしましたが、素晴らしくバカゲーでしたw

世界を救うために別世界の妹達といちゃラブするストーリーなのですが、終始ネタとギャグが満載で、さすがしとろんブランドでした。愛のパワーで世界を救うというのは『みここ!』、妹萌えでは『妹スマイル』の要素が入っていますし、要所要所でそれらの作品ネタが盛り込まれています。

システム的には各妹とのHシーンは10回とかなり多く、おまけでハーレムと妖精さんがあるんですが、ハーレムはコスチュームが少し笑えないジョークで、妖精さんは本編で本気のネタ扱いなので移入が難しいです、しかも本編のHシーンもほとんどネタなので実用性はまあ・・・、人によると思います。個別でED曲が用意されているのは頑張ったんじゃないでしょうか。

ヒロインは現実妹、超能力妹、魔法使い妹、SF妹、ヒューマノイド妹といるんですが、やはり個人的には成瀬未亜さんが演じるヒューマノイド妹の千風悠が一番良かったです。

このヒロインはクトゥルフ的で這い寄る混沌な感じの設定で、初っ端から爆弾発言ばかりで軽くぶっ飛んでいるんですが、徐々に攻略されいくと本当に可愛い子なんですよね、おっぱい大きいし。


総評ですが、バカゲーとしてものすごく楽しめました。ヒロインも全員可愛いので良いのですが、やはりHシーンもぶっ飛んでいるので、それはあのしとろんソフトらしいなとしみじみしました。
コミケカウントダウン
プロフィール

えれむるす

Author:えれむるす
戦乙女系が好きな自称絵師オタクブロガー。エロゲ・漫画・深夜アニメ・TRPG・ボードゲーム・艦これなど嗜んでおります。

連絡先は↓
elemurus☆gmail.com
(☆は@に置き換えてください)

Twitter
Flashカレンダー
最新記事
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
応援中!
9/27発売!『妹スパイラル』 「ALIA's CARNIVAL!」情報ページ公開中!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。